自分の息子の場合、個別指導塾を選んで中学受験に受かりました。

自分の息子に中学受験をさせたなかで、特に「もっとはやくすればよかった」と思ったことがあります。それは集団で教える学習塾から個別指導塾に変えさせることです。自分の息子にあう学習塾が早い時期に見つかることが、中学受験をするうえでの最高のスタートダッシュになるのだと思います。

自分の息子は当初、集団で勉強を教える形態の学習塾に通っていました。その塾では息子の知り合いもある程度いて、勉強において互いに刺激となっているという話を息子から聞いていたため、それが息子にとって勉強の促進剤となると考え安心していました。しかし、思うように成績が伸びない教科が出てきたときに、弱点を補強させるつもりで個別指導塾に短期で通わせることにしました。個別指導塾に通わせた後に受けた最初の模試では、成績が今一つだった教科は他の教科に追いつくほど成績が伸びました。当の本人に二つの塾のなかでどちらに通いたいか聞いてみると、知り合いがいる集団の塾ではなく、自分の分からないポイントに適宜アドバイスしてくれる個別指導塾の方でした。それからの勉強は苦手な教科や主要な教科に集中して個別に通わせ、中学受験に受かることができました。あの時通わせる塾を変えなかったら、正直息子の合格は無かったかもしれないと思っています。早い時期に自分の息子にあう塾が見つかって、本当に良かったです。